メンヘラ主婦がアフィリエイトで1万円稼げるか

めんしゅふ

アドセンス アフィリエイト記録

アドセンス審査後に必ず行うべき4つのこと【2017年5月版】

投稿日:

アドセンスの二次審査に通過できた方、おめでとうございます。これからアフィリエイトを少しずつ始めていくことになりますね!

アドセンスは広告をクリックしてもらえば、ほとんど否認や拒否もないですし、アクセス数が多ければ人によっては何万と稼ぐ人もいます!これから頑張っていきましょう(*´ω`*)

ですが、喜びのあまり何も準備しないで突っ走ってしまうと、思わぬ事態に遭遇してしまうことがあります。自分で広告をクリックして警告されてしまったり、悪意ある連続クリックによる「アドセンス狩り」でアカウント停止になってしまったりなど…。

そんな事態にならないためにも、アドセンス通過後はしっかりと準備をしてから広告を貼りましょう。最低限準備しておくことを解説しますね。

スポンサーリンク

2次審査タグの撤去

これは私がさんざん迷ってググっても出てこなかったので、撤去してみても何ら問題なかったという話なのですが…

「2次審査のときに貼った<body>~</body>間のスクリプトタグって外して良いの?」という疑問。

外してOKです!外しても何ら問題なく広告は貼れていますし収益も発生しています!

アドセンスのサイト認証

次にアドセンスのサイト認証をします。これを一番最初にやることで、「アドセンス狩り」を防ぐことができます。

アドセンス狩りとは…不正に広告を連続クリックして自己クリックに見せかけたり、アドセンスコードを取得して広告を第三者のホームページ上に表示させることで、不正にクリックさせたりする悪意ある行動のことを言います。

アドセンスのサイト認証を行い、自分のサイトにしか広告を表示させないようにして、アドセンス狩りを防ぐことができます。

広告コードの許可設定のしかた

  • Google Adsenseへログインします。設定>自分のサイトをクリック。
  • まだ何も登録されていない状態だと思いますが、サイトURL一覧の右上の3つの柱のようなものをクリック。
  • 「サイトの認証」をクリック。
  • 「所有権を確認したサイトだけに広告コードの使用を許可する」のバーを有効にして、「保存」をクリック。

    これで所有権を確認したサイトだけ広告コードの使用が可能になりました!次はサイト追加する方法です。

認証サイトの追加方法

広告コードの許可設定をした時と同じように、設定>自分のサイトを開きます。

  • 「+」マークをクリックします。
  • アドセンスを貼りたいホームページのURLを入力します。ドメインだけでもOKです。「サイトを追加」をクリック。

これだけでサイトの追加は完了です。念のためもう一度設定>自分のサイトを見てみて、ドメインが追加されているか確認してみましょう。

アナリティクスとアドセンスの連携

サイトの許可設定の認証が終わったら、アナリティクスとアドセンスを連携させてみましょう。連携させておくと、どの記事から広告がクリックされているか分かってサイトの収益分析がしやすくなります。

アナリティクスとアドセンス連携のしかた

Google Analyticsにログインします。ログインしたら、設定したいアカウントのプロパティを開いておきます。

  • 他のサービスとのリンク状況-から、「Adsenseのリンク設定」をクリック。
  • すでにサイト認証でAdsenseとプロパティのURLが紐づいていれば、自動的にAdsenseプロパティの選択にコードが載っているのでそのままでOKです。「コンテンツ向けAdsense」にチェックを入れて、「続行」をクリック。
  • 「リンクの設定」が出るので、「すべてのウェブサイトのデータ」をチェックします。ほかにも候補が出ていたら、それもチェックしたほうがいいようです。
  • 最終確認をしたら「リンクを有効化」をクリックでOKです。
  • アナリティクスとアドセンスの紐づけには最大24時間かかります。気長に待ちましょう。確認したら「完了」でOKです。

アナリティクスからアドセンスの結果を見る方法

アナリティクスからアドセンスの収益報告を見ます。ちょっとたどり着くのが大変でした…。

  • 左のメニューから、行動>概要をクリック。
  • すると折れ線グラフとともにAdsense収益関連情報も見られるようになっています。
  • 下の「Adsense」カテゴリの「ページ」をクリックすると、どの記事の広告が収益になっているかも順位として表示されます。

以上でアナリティクスとアドセンスの連携方法、連携後の確認の仕方は終わりです。

Google Publisher Toolbarの導入

アドセンスを使う場合、ブラウザはGoogle Chromeを使うことをおすすめします。なぜならこの「Google Publisher Toolbar」が使えるからです。広告をクリックできないように隠してくれる(オーバーレイ)だけではありません。

現在表示されている広告が何サイズの広告なのか、どこの会社の広告なのか、カーソルを合わせるだけで教えてくれます。

ワンクリックでAdsenseのページに行かなくても収益が分かります。

Google Publisher Toolbarの導入のしかた

  • Google Chromeの設定>その他のツール>拡張機能>拡張機能の一番下までスクロール>「他の拡張機能を見る」をクリック。設定はまた一番右上にある3つの点で出来ている柱のようなものです。
  • 「Google Publisher Toolbar」を検索し、「CHROMEに追加」
  • ポップアップでもう一度確認されるので、「拡張機能を追加」でOKです。
  • するとChromeに画像のようなアイコンが追加されているので、クリック。「Google Adsense」を「有効にする」をクリックしてください。
  • GoogleアドセンスのアカウントIDでログインします。もう一度許可していいか聞かれるので許可します。
  • アイコンが灰色から青に変わったら有効になります。これで誤って広告をクリックして収益になってしまうことはありません!クリックすると替わりに広告の詳細や個別の広告ブロックポップアップが出るようになります。

Google Publisher Toolbarの確認のしかた

  • アイコンをクリックするだけで収益の確認ができます。広告を表示している自分のページでクリックすると以下のように広告詳細も確認することができます。

以上がGoogle Publisher Toolbarの設定方法、簡単な使い方でした。

これだけはやっておこう!アドセンス通過後4つのこと

せっかくの労力を台無しにしないためにも、アドセンス審査通過後には4つのことをやっておきましょう。

  • アドセンス二次審査コードの撤去
    そのまま置いておくとページが重くなる原因にも
  • アドセンスのサイト認証
    アドセンス狩り対策に必須
  • アナリティクスとアドセンスの連携
    収益の分析ができる
  • Google Publisher Toolbarの導入
    広告の誤クリックを防ぐ

いかがでしたでしょうか。少しやることが多くてげんなりした方もいるかもしれません。ひとつひとつ落ち着いてやれば2時間もかかりませんのでしたので、ファイトです~これからアドセンスで収益を目指す方々が、思わぬトラブルでアカウント停止などになったりしないように願っています。

以上長くなりました。最後までお読みいただき有難うございました!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク

-アドセンス, アフィリエイト記録

Copyright© めんしゅふ , 2017 All Rights Reserved.